少年団のことについてもう少し詳しく知りたい方(入団を考えている方もそうでない方でも)の疑問に
少しでもお答えしようというコーナーです。これ以外に質問のある方は、掲示板を使ってどんどんお寄せください!
Q1. 年間スケジュールはどうやって決められているのですか?
年度の初めに定例会を行う月を決め(だいたい月に1回ペース)ます。何をやるかについては
その前月に会議(これを役員会といいます)を開き子どもと指導員が話し合って決めます。)
ただ夏休みにやる稲荷山小学校でのレインボーキャンプと冬のスケートは恒例行事となっています。
Q2. 子どもが主体ということですが安全面はどう管理されているのですか?
どんな場合も指導員と担当の親がサポートし、安全管理、緊急時の対応は責任を持って
行います。救急箱は常に携帯し、何かあれば保護者に迅速に連絡を入れます。
リクレーション保険にも毎年加入しています。
Q3. 親のお手伝いはどんなことですか?
年度の初めの総会で月ごとの親の分担決めをします。だいたい年に1回、2〜3人で担当します。
担当月にはその前月に役員会の設置、定例会当日のサポートをします。
夏のキャンプは例外で、原則として全員のお手伝いとなります。キャンプ担当の親のセッティングのもとで、事前に親の会議で時間ごとの割り当てを決めて、約2時間ほどを4〜5人で担当します。
Q4. 会費はいくらですか?
入会金が500円で会費は小学生が前期・後期の2回各1000円、中学生は年間で1000円です。
ただしキャンプ参加者はこれとは別に500円集めています。
Q5. 子ども役員はどんなことをやるのですか?
年度の最後に、立候補または選挙で翌年の団長、副団長を選出し1年間活動します。
副団長は数名の場合もあり、この他に補佐的に役員を引き受けてくれる子どもがいる
場合もあります。
彼らは定例会前月に役員会を開いて行事内容を話し合いで決めます。指導員が子どもの
主体性を大事にしつつ、うまくリードをしてくれています。
Q6. 定例会の連絡はどのようにおこなっているのですか?
行事内容が決まると、子ども役員がレインボー新聞を作り各団員に配布します。
その他の連絡は電話連絡網で行っています。